• HOME
  • 監修紹介
  • 受付時間
  • アクセス

FAIRE blog

2018年8月 8日 水曜日

逆子

こんにちはwink

今日は逆子についてのお話です
逆子は正式には「骨盤位(こつばんい)」といいます

逆子でも赤ちゃんは正常に育ちます
ではなぜ逆子を治すひつようがあるのか?
それは出産時に肩や首が産道にひっかかり出産に時間がかかってしまうからです
破水したあとは赤ちゃんは自分で呼吸をして酸素を取り入れます
しかし出産に時間がかかると酸素が体に取り込むことができず低酸素状態になり仮死状態や後遺症を残す場合があります
そのリスクを避けるために逆子が治らないときは帝王切開になるのです

逆子を治す方法として逆子体操の他にお灸があります
足にあるツボにお灸をすることで自然に赤ちゃんがくるりんと回ります
今日はそのツボをご紹介します

至陰(しいん)

足の小指、爪の外側の際です

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしから指4本文(人差し指から小指まで)あがった骨の際の柔らかいところ
ここは婦人科疾患によく効くので生理痛などにもよく使います

逆子でお悩みの方はぜひお越し下さい



投稿者 FAIRE