• HOME
  • 監修紹介
  • 受付時間
  • アクセス

FAIRE blog

2015年1月 9日 金曜日

食事で冷え症対策

こんばんは!
今日も寒い一日となっていますが、いかがお過ごしですか?

さてさて、今日は食事から冷え性を予防しよう!ということでお話したいと思います。
食べ物には、「陰性食品」と「陽性食品」というのがあるのはご存知ですか?

陰性食品というのは、「体を冷やす作用」のある食べ物のことで、

陽性食品というのは、「体を温める作用」のある食べ物のことをいいます。

例えば、1年中売られているトマト

トマトは夏の野菜なので、体を冷やす作用があり「陰性食品」となります。
レタスやきゅうりなどサラダに入るような生野菜のほとんどは陰性食品になりますので、体を余計に冷やしてしまいます

冬の野菜である、根菜類などは体を温める作用が強いので、「陽性食品」となります。

冬に食べる野菜としては、人参やごぼう、ねぎ、しょうが等がオススメです。

しかしながら、冬でもトマトが食べたい時もありますよね?

そういった時は、温野菜にするなど、熱を加えて調理したものになると、
食品の陰性度合いが弱まって、体を冷やす作用も弱くなりますよ。

冬場はできる限り、陽性食品(色で言えば、温かい色味の食べ物)を摂って冷えを予防しましょう♪

基本的には、季節に応じた旬のものを食べるのが、体にとって自然で良い状態を保つ秘訣です!

参考↓
http://macrobiotic-daisuki.jp/inyo-2681.html

以上、スタッフ南でしたhappy01


投稿者 FAIRE